赤ちゃんのアトピー性皮膚炎,育児クラブ,しのはら小児クリニック,公式ホームページ,小児科,アレルギー科,健康診断,予防接種-広島県,広島市西区

しのはら医院トップページ > 育児・乳幼児クラブ  > 赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

アトピー性
皮膚炎って
なに?
赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、赤いブツブツ、皮膚が赤くなる、皮膚がフケのようにボロボロむけてくる、などの皮膚症状があり、かゆみのある湿疹が出たり治まったりし、それを何カ月も繰り返すのが主な症状です。顔と頭によく見られ、胸や腹、背中や手足にまで広がることもよくあります。赤ちゃんがかいてしまったための、引っかき傷や、衣服などにすれてできた傷などがその証拠です。

また、耳の後ろが切れる「耳切れ」も特徴的な症状のひとつです。家族にアレルギーをもっている人がいることも、アトピー性皮膚炎の特徴の一つです。

生後2ヵ月以内の赤ちゃんの場合、アトピー性皮膚炎と乳児脂漏性皮膚炎との区別がつきにくい場合がありますが、乳児脂漏性皮膚炎の炎症は眉毛や頭髪部に限定され、黄泥色の厚いカサブタのある赤い盛り上がりが特徴なので覚えておけば安心です。
原因は
なに?
アトピー性皮膚炎は、特定の原因物質(アレルゲン)が皮膚にアレルギー反応を起こさせる病気です。

原因となるアレルゲンとしては、卵、牛乳、大豆などの食べ物、ダニ、ほこりなどがあります。生後2ヵ月前後(離乳前期)から生後6ヵ月(離乳期)では食物が原因と考えられ、1歳前後(離乳後期)に発症した場合には、さらにダニやほこりの影響も考える必要があります。またこの時期は皮膚が未発達なので、皮膚どうしがこすれたり、衣服によるちょっとした非アレルギー性の刺激が原因になることもあります。
ママの
対処法
最近よく耳にするアトピービジネス的な商品の使用や、半端な知識による自己流の治療は、結果的に治るのを遅らせたりするもとです。

赤ちゃんはまだ生活圏が小さいため、アレルギー性、非アレルギー性を問わず対処がしやすく、治療効果も上がります。かかりつけの医師によく相談して、しっかりとした治療を受けることをオススメします。

また、食物アレルギーがある場合には、母乳が最も大切な時期である生後3ヵ月まではママも食べ物に気をつけましょう。しかし3ヵ月以後で、米や小麦などの穀物のアレルギーがある場合には、ママが自分の食事対策を心がけることもおすすめします。

そのほかに入浴やシャワーなどでスキンケアを充分にしてあげ、刺激の少ない衣服や布団にしたり、ダニやかびを寄せつけないためにもまめに掃除をする、などが赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を悪化させないポイントです。